新聞から集めるデータ

競馬を経験したことのある人であれば必ず耳にすることかと思いますが、 競馬予想する上で重要なポイントとしてデータ収集が挙げられます。 週末に近づくにつれ様々なメディアで競馬に関してのたくさんの情報が流れてきます。 重要な情報やデータを収集し分析して予想することで的中させる可能性をあげることが出来ます。
競馬に関しては本当に様々な情報源があります。 競馬新聞を始め、テレビやラジオ、インターネット、競馬本、競馬商材など。 競馬新聞は昔からある媒体であるにも関わらず、インターネットが普及した現在も 廃れることなく残っているにはやはりそれだけの理由があるのです。 ご存知の通り競馬新聞にはたくさんの競馬のデータが集約されています。

*


競馬新聞は万人にとって身近な存在で、誰でも簡単に手に入れることができるし、 この様々な情報やデータが集約されている媒体を使いこなすことにより、競馬予想をはるかに効率アップすることができます。

*


競馬新聞には出走馬の枠順、過去の成績、調教タイムなどの情報が掲載されているものもあります。 このデータは競馬予想をするにあたり必須ツールともなるのです。 競馬専門紙のほか、スポーツ紙や夕刊紙にも同様の情報が掲載されていますので、 どの新聞を使うかはご自信の好みにあわせて決めていけばいいでしょう。

競馬新聞にも様々な種類があるので一部ご紹介します。

【全国発行】

競馬ブック、競馬エイト、優馬

【関東のみ】

競馬研究、日刊競馬、ダービーニュース、勝馬、競友、トータライザー、馬三郎

【関西のみ】

競馬ダービー、競馬ニホン、競馬ニュース

上記のうち、競馬エイトと馬三郎は日本競馬新聞協会、関西中央競馬専門誌協会に加入していないため、 競馬場やウインズではほかの新聞とは別の売り場で売られている。